木にとまる鳩

業者の動き

家の検査

時代が進むにつれて環境なども変わってきているのです。その事によってアライグマやイタチなどが街に降りてきて荒らしていくのです。そんな害獣の退治法には害獣駆除業者がいます。

Read more...

依頼内容

ライトをあてる

害獣などのイタチやアライグマなどは家に住みつく可能性があるのです。害獣は名からわかりますように人に直接害を与えたりするのです。この様な事を避けるためにも利用したいのが害獣駆除業者と言えます。

Read more...

取り組み方

虫の駆除

動物などにはハクビシンやコウモリなどがいますが、これらはどれも害獣として取り扱われているのです。そんな害獣を的確に駆除をしてくれる業者には害獣駆除業者の存在が欠かせないのです。

Read more...

生態や害

ゴミ拾い

イタチやアライグマの駆除は害獣駆除業者に任せるのが1番ですよ。天井から音がする、臭いがする、という場合は相談してみると良いですよ。

日本でのアライグマの歴史

アライグマは本来日本では確認できない動物でした。帰化生物というものであり従来の生息地はアメリカです。日本では1970年代にアニメの人気によってペットとして飼うために大量に輸入され持ち込まれました。しかし、アライグマは成長すると凶暴になり素人がペットにするには向かない動物であるためその多くが捨てられました。その後、野山で野生化していき畑を荒らしたり人に危害を加えるなどの被害が発生するようになりました。そして、環境省による狩猟鳥獣としてのリストに加えられることとなり駆除されるようになりました。今では日本全国に生息域は広がっており岩手や秋田などの東北や沖縄や鹿児島などの11県を除く都道府県で目撃情報があります。

これからの対処方法について

アライグマは現在その数を増やしていっています。その理由として国内にアライグマの天敵となる動物がいないことやその雑食性のため食べるものに困ることがないというものがあります。農作物絵の被害が大きいことや貴重な動植物を食べることから駆除される対象となっています。今行われている駆除方法として採用されているものとしては罠による捕獲や煙による追い出しなどがあります。今後より積極的な駆除が検討されています。そのためにアライグマの起こす問題を広く認識させることで生息情報を集めるといった行動がされています。さらに、駆除に対しての理解を深めることで新しい駆除方法のアイデアを募集したり捕獲の協力を求めるといった効果もあります。

ハトが巣を作ると糞や騒音の被害が発生します。鳩の駆除を行なっているこちらの業者に退治してもらいましょう。

オススメリンク

Copyright © 2015 人々に害を与えるアライグマの生態や特徴内容. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com

このエントリーをはてなブックマークに追加